ぐんまの伝統工芸品

橘竹工芸

北橘竹工芸

赤城山の裾野に位置する渋川市北橘町(旧北橘村)では、かつて防風林とともに竹を植える家が多く、それらの竹を民具や農具に加工する文化が根付いていた。
竹工芸を地域文化として伝承する機運が高まった平成4年には、地元在住の竹工芸作家・綿貫清氏による講座が開催され、その受講生が北橘竹親会を発足。
受け継がれてきた技術を基に製品を作る会の活動は、地域の竹文化伝承の一翼を担っている。

■ 主な製品 花籠(3,000円~)
盛籠(3,000円~3万円程度)
おしぼり受け(500円程度)
しょうぎ(3,000円~1万円程度)
その他竹工芸製品(1,000円程度~)
■ 製造者名 北橘竹親会(寺島 秀昭、近藤 隆二、角田 徳市、高梨 昌直)
■ 住所 〒377-0061 渋川市北橘町下箱田502-2
■ 問い合わせ先 TEL.0279-52-3849