ぐんまの伝統工芸品

根沼田樹皮工芸

利根沼田樹皮工芸

三内丸山遺跡(青森県)から樹皮で編まれた編組品が出土したことから、日本における樹皮工芸の起源は、縄文時代にまでさかのぼる。
製造者自ら山に入り、素材の採取から製品への加工まで、全てを行う。
常に新たなデザインの製品を生み出し続け、自然素材にこだわり丹念に編み上げた製品は、素材の持つ風合いや美しさを感じ、木のぬくもりやあたたかさが手に伝わる。
使い込むほど深い茶色に色を変え、ツヤが増していく経年変化を楽しみながら長く愛用できる。

■ 主な製品 手提げかご(5万円~60万円)
花かご(5,000円~20万円)
財布(25,000円~10万円)
ブドウ花結びかご(25万円)
■ 製造者名 加根古工房(金子 幸江)
■ 住所 〒378-0304 沼田市利根町大楊20
■ 問い合わせ先 TEL.0278-56-2478  FAX.0278-56-2468
E-mail:kosuke@golcha.net
■販売場所 工房かご:東京都目黒区下目黒2-12-14(TEL090-6116-4705)
加根古工房:沼田市利根町大楊20(TEL0278-56-2478)
■ webサイト http://golcha.net/
■ 見学体験 可能 詳細はこちら