ぐんまの伝統工芸品

岡鬼面瓦

藤岡鬼面瓦

奈良時代に上野国分寺の瓦を焼いたといわれる藤岡で、江戸時代より5代にわたり受け継いできた伝統の手づくりの鬼面瓦。粘土づくり、図面引き、造形、仕上げ、乾燥、焼成の全行程で卓越した熟練の技が要求される。
魔除け・災難除けを願って現代の名工が精魂を込めて作る鬼面瓦は、近年、屋根の棟端を飾る業務用だけでなく、置物や壁飾りなど贈答用としても利用されており、好評を博している。

■ 主な製品 鬼面瓦(大) 5万円~50万円
鬼面瓦(中) 9,500~14,500円
鬼面瓦(小) 2,700~3,000円
家紋 3,000円~3万円
■ 製造者名 山口 茂
■ 住所 〒375-0024 藤岡市藤岡1866-7
■ 問い合わせ先 TEL.0274-22-0579  FAX.0274-22-0579
■販売場所 自社工房
道の駅ららん藤岡
■ 見学体験 見学のみ可能 詳細はこちら