ぐんまの伝統工芸品

生手描き紋章上絵

桐生手描き紋章上絵

武家時代においては非常に重要なものであり、今も生活の中に生き続けている家紋の歴史は古い。その伝統を紋章上絵師として、現在に伝えている。手描き紋一筋に60 年余り鍛練を重ねた匠から生み出される製品は、磨きがかかり、洗練さを増している。現在、国の無形文化財に選択されている。

■ 主な製品 家紋額 (23,000円~25,000円程度)
■ 製造者名 小林 芳夫
■ 住所 〒376-0001 桐生市菱町1-3403-23
■ 問い合わせ先 TEL. 0277-43-3604